FC2ブログ

月面配信―動画作成局―

ボイスドラマやゲーム実況、歌ってみた動画の投稿&イラスト製作の投稿などを行います

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私達の聖夜



私とヴィータちゃんはデートを終えて家に帰ってきた。
今日は聖夜ではないが、昨日はヴィータちゃんのお仕事が入っていたのである。
そのため、私達の聖夜は今日だった。

肝心なのは日にちではなく気持ちなのだ、気持ち。

家に帰ってくると、彼女は無言で私の顔を見つめる。

(ドキッ、こ、これはまさか…!)

キス待ち。あんまりこういうことはしない彼女だが、
クリスマスの夜がそうさせたとでも言うべきか、
とにかく、彼女は既に目を瞑りその瞬間を待っている!

(よ、よーし…)

私は彼女の肩を優しく抱き、そして……











というわけでした。
え?途中で終わっている?

いえいえ、後は頭が真っ白になってはっきり覚えていないので^^
まぁ、幸せな夜でした♪

来年もキス待ちあるか今から楽しみです☆


ではでは

スポンサーサイト



| 過去書庫『ヴィータちゃん日記系』 | 23:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にこにー飯店ゲット記念☆


どうも~

もう結構前なんですがラブライブのスクフェス(ゲームアプリ)で、
貴重なURカードのにこにーをゲットしたので記念イラスト描きました♪


ゲーム画面ではこんな感じです↓



なにか…目が光ってる…!

あまりに嬉しくてイラストを書き始めたは良いものの、
なんやかんや忙しくて全然描けてなかったんですよねー(汗)

まぁそんなわけでチャイナなにこにーゲット記念でした☆

にこにーはラブライブでは一番お世話になってて好きなアイドルだったので、
大切にしていきたいと思います!
(もっとも、ラブライブメンバーは全員甲乙つけがたいのですが)


さて、


ところでクリスマス迫ってますね~!!

私ももちろん!クリスマスに向けて、
ヴィータちゃんとの幸せ(ラブラブイチャイチャ)タイムなイラストを、
精一杯製作中なのですが、

それとは別にリリカルなのはinnocentにてヴィータちゃんのサンタカード入手出来るイベントが開催中なんですよ^^

というかもうイベント終了後に手に入るだけの勝利数は稼ぎました(ドヤぁ)

が、こちらの方からも目が離せず、

またなんとラブライブの方でも丁度にこにーのイベントが開催されているということで、もう息も付かせぬイベントラッシュとなっています;

まぁそろそろ大学の方が一段落着くかもしれませんので、

そうしたら少し余裕が出てくると思います。
止まってるなのは物語も製作したかったり、ああ、色々やることあるなぁ!

あ、そういえば以前innocentの話で手に入れたがってたヴィータちゃん、
ようやく入手できました♪

そちらについてはまた別記事で書きたいと思いますb

ではでは~

| 過去書庫『リリなの4コマ系』 | 20:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴィータちゃん日記9



ブログのカスタムヘッダーを変更しました♪

本当は背景も用意して変えようかと思ったのですが、
結構時間もかかるのでとりあえずといった感じです。

足メインですよ、足!

何気なく意味も無く、ただなんとなく足を上にあげちゃってる、
そんな様子が可愛いと思ったりしています(笑)

もちろんラブライブ矢澤先輩みたいに狙ってるのも可愛いんでしょうけどねw

前のヘッダーも気に入っていたのですが、

まぁたまには良いだろうと変えました。何か使えたら前のもどこかで使おうと思います。

そんなわけで今回も報告だけでした~!

ではでは

| 過去書庫『ヴィータちゃん日記系』 | 21:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なのは物語714『鳳梨編-魔女の記憶』


異空間の裂け目から新たに現れた存在、

それは予想していた更なるガジェットの大軍勢でも、
黒幕の姿でもなかった。

そこに現れたのは、一見すると一体のガジェットのようであった。
しかし、量産型の野良ガジェットとは明らかに異なった姿をしている。

まず背の部分には歪な形をした翼のようなものが生えており、
それでいて何故か下部には巨大なジェット装置のようなものが取り付けられている。
装置からは常に炎が上がっていて、どうやらそれで空中を飛んでいるらしい。

(普通のガジェットならばそんなもの無くても飛べるはずだけど……)

そして他のガジェットと決定的に違うものがある。
機械の体中に渡って張り巡らせられている、黒い、筋のようなものだ。

黒い木の根のようなそれは、ガジェットの所々を巡っている。
それになんというか……とても、禍々しい感じだ。

黒い筋は動いてはいなかったが、まるで生きているように感じられる。
不気味で、気味が悪いとすら思える、そんな存在だった。


私は現れた存在に少し戸惑いながらも、言った。


「…あれは、なんです?」

【ああ、よく見えますよ。やはりこうして直に見る方が分かりやすい】

「?」

【なんて滑稽な姿。魔導士が鎧を纏う事に疑問すら感じていないとは】

「!?まさか、その機械は……」

【ええ】









【やはり時空間越しではあなたの姿がはっきりと捉え辛いですからね、
その機械で今、直接私自身の目であなたを見ています】

どうやらあの不気味な機械は、いわゆるカメラのような役目を持っているらしい。
というか、今まではこちらの姿も見ないで話をしてたんだ……?

「ホッホッホ」

【おや、何かおかしい?】

「いや、ね。私の姿を見もせず『脆い力』だなんだ言っていたなんて、
考えるだけで笑えますよ。まぁ、せっかく直で見てくれたんです」

私はパインアイアンを肩に担ぎ上げ言う。

「この力を笑ったこと、訂正させてあげますよ!」

【……あなたの無礼を許しましょう】

「ん?」

張り切って言い切った私を前に、相手は戦意が無さそうに言った。

【あなたには、私が誰なのか分かっていないのでしょう?】

そんな質問をしてくる。

「……そうですね、聞いたことも無い声です」

そう答えてから、自分でも一瞬変な気分になる。

……聞いたことも無い声?いや、そんなことは無い。
どこかで聞いた声だ。いやいや正確には、どこかで聞いたことのある気がする声
――――だ。

どこで聞いた声だ?思い出せない。
でも、確かにどこかで……。







【私の名前はアルティミシア】

「!!!」









名前を聞いて、初めて思い出した…………!!!

もう、相手の姿を見ずともどんな姿の相手なのか分かる。
彼女は時を操る魔女、長い銀髪に、異様な顔の文様。
そして大人びたセクシーな姿の女性である。

アルティミシア……そうだ、何故忘れていたのだろう。
その名前は、かつてとある世界で共に戦った……あれ?共に…戦った??


何か思い出そうとするが、どうしても思い出せない。

そもそも、なんで私は彼女を知ってるのだろうか?



【その様子から察するに、名前に聞き覚えはあるが、
やはりどういった関係の相手かは思い出せない、と言ったところか】

「……まさか、私に何かしたんですか?」

【ふふふ、やはり滑稽ですね。そんなちんけな発想に至るとは、
かつてを知っているから尚更か。いや、だからこそ……】

相手の声は小さくてよく聞き取れなかったが、
どうやら相手は私の体に起こった変化をよく理解しているらしい。

【あなたに、提案があります】

「提案?」

【そう、あなたの失った力を取り戻してあげましょう】

「!!」

な、何を言っているんだ、こいつは。
まさか、私の新しい力をバカにしていたのは、
失った三闘神の力を知っていて、見比べていたから?
いや、そもそも失った力を取り戻すことなんて、本当に出来るのだろうか。

様々な考えが頭を巡る。

【ただし】

そしてその間に、彼女は続けて言った。




【ただし、あなたがあなたの愛する女性……
ヴィータを永遠に消し去ると誓えば、ですが」





「!!!?」










続く

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回も前回からかなり日が空いてしまいましたが、
とりあえず続きです。
飛び飛びに書いてしまって前の話が分からない方もいると思います、
すいません(汗)もう少し頑張ります。

話はちょっとづつ進んでいますよ!

さて、

なんだか寒い日が続きますね、最近はパソコンの前に座るだけでも寒くって^^;
いや~まぁそういう日はヴィータちゃんを抱っこしたままパソコンして、
一緒に動画見て笑ったりな日々で逆に私得なんですけどね♪

……ではでは、今日はこの辺で
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィータちゃんは私の嫁~~~~~~永遠に愛してるよ~~~~~~~~~~~
って、痛たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた!!!!!!!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

| 過去書庫『月夜になのは物語系』 | 23:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

模写53外人(幼い)


ただの外人さん写真の模写です。

実写だったのですが、口の動きが妙に可愛い感じでした。

しかし模写してみると中々そういう微細な魅力は写し取れませんね^^;

実写は普段描いてる絵と全然描いてる感じ違うので、

良い練習にはなりますが、可愛く描けるくらいには頑張りたいところです。

出来たらいつもの感じの絵にもそんな魅力を込めたい所ですw

ちなみにこの模写元の外人さんは結構子供らしいです。

今回は模写だけ記事なのでこの辺でb

ではでは

| イラスト制作 | 20:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まきりんぱなパーティにて



「よーっし、いっくにゃ~~~~!!!!!」


てなわけで、実はラブライブ凛ちゃんの誕生日に向けてイラストを描いていたんですが、気が付いたら1ヶ月も過ぎていました…(滝汗)

イラストはまきりんぱなの1年生ズのドレス姿のパーティです。

凛ちゃんはもっともっと女の子っぽい格好試してみて欲しいですね、
ボーイッシュも良いですが、やはりまだまだ隠れた魅力がありそうです♪

そしてこの面子、恐らく真姫ちゃん関連のパーティですが、
どんなパーティにしても大注目されちゃうかもですねw



ともかく、

お誕生日おめでとうございました!!(1ヶ月遅れ)

何気にスクフェスでもお世話になっているので、
これからもよろしくお願いしたいですね☆


ではでは

| 過去書庫『リリなの4コマ系』 | 19:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |