FC2ブログ

記事一覧

月夜に八神物語2『美少女達に囲まれて』

八神家唯一の男性、ザフィーラ。……彼は八神家の美しい美少女達に囲まれた生活に置いて、堅苦しい思いも肩身狭い思いもしていなかった。しかし、対応に困る時はあるという。(…………今日は良い天気だな)八神家の庭にて、日なたぼっこをしていたザフィーラ。他の家族の面々は家の中で自由な時間を過ごしており、彼もそんな時間を堪能しているのである。正確には、『鍛錬ばっかりやるんもいいけど、たまには体を休ませとかんと、疲れが取...

続きを読む

月夜に八神物語1『モデル撮影』

八神家のとある休日、家にはシグナムとはやての二人の姿があった。仕事の休暇日が被っていたのが彼女達二人だけだったのである。そんな二人が話していたのは……。シグナムは端正な顔を崩さず、しかし内心はっきりと困惑していた。それはそうだろう。何しろ、「はあ……私がモデル、ですか?」「うん、管理局からそんなことを頼むオファーが来てたんよ」こんなことを言われてしまっては、困るのも無理は無い。「その、仕事なら引き受け...

続きを読む

模写53迷宮な王女7

アダルトな模写です。TOPに書いておきながら模写して無かったので久しぶりに^^;黒肌の筋骨隆々の女性はオークらしいですが、タックルで鉄でも砕きそうなパワフルさを垣間見えます。いやー嫌いじゃないですね、こういうキャラ。…ただ、ここで公開するのはギリギリな気もするんですけどね?w大事な部分は隠してるから問題ry…ヴィータちゃんも戦う仕事が多いので、訓練とかの成果で結構良い筋肉ついてるんじゃないのかなとか思...

続きを読む

リリカルバレンタイン~後半戦~

※「リリカルバレンタイン」とは、多くの人達の間で行われる、リリカルマジカルなバレンタインのことである。※このブログの場合、八神ヴィータちゃんとのバレンタインを指す。「ほれっ」と、ヴィータちゃんがチョコを差し出してきた。ヴィータちゃんは赤い髪の少女で、いつも髪を二本に編み束ねている。あと、ちょっぴり口が悪い。でもとても綺麗な少女だ。そんな彼女からのチョコを受け取らない理由は無い。迷わず僕はそれを受け取...

続きを読む

リリカルバレンタイン~前半戦~

※「リリカルバレンタイン」とは、多くの人達の間で行われる、リリカルマジカルなバレンタインのことである。※このブログの場合、八神ヴィータちゃんとのバレンタインを指す。「そーれ!そーれっ!!えへへ♪」※ヴィータちゃんは たのしそうだ!はい、という訳でこんばんは~!!今日はバレンタインデーでしたね♪という訳で、今回は二回に渡りバレンタイデー記事です。まずは毎回恒例の『リリカルなのはinnocent』から!上のカード...

続きを読む

僕のヴィータちゃん31

「……あれー?やっぱり無いや」と、僕は呟く。隣にいたヴィータちゃんは首を傾げて言った。「怪獣フィギュア、ここにもおめーが好きな奴はねーのか」「むむ、なんでなんだろう」「人気が無い怪獣だったんじゃねーか?」グサッ……っと突き刺さるようなことを言うヴィータちゃん。ヴィータちゃんは赤い髪の少女で、いつも髪を二本に編み束ねている。あと、ちょっぴり口が悪い。でもとても綺麗な少女だ。そんな彼女と僕は今日一緒にデパ...

続きを読む

僕のヴィータちゃん30

「トイレに連れてっていい?」と、僕は今日もこたつに篭るヴィータちゃんに声をかけた。「……あん?」「あ、ごめんごめん。言い間違えた(汗)最近トイレが恐ろしく寒いから、ヴィータちゃんの温もりで相殺したい」「同じじゃねーか!言葉足しただけだろっ」彼女のつっこみが鋭く入る。「いや、頼みから願望になったでしょ」「願望って……」ヴィータちゃんは赤い髪の少女で、いつも髪を二本に編み束ねている。あと、ちょっぴり口が悪い...

続きを読む

僕のヴィータちゃん29

「おーい、ダラダラ寝すぎじゃねーかー?」と、ヴィータちゃんは布団を捲り上げた。誰の布団か?もちろん、僕の入っている布団だ。あまりに僕が布団でダラダラ眠っているので彼女が起こしに来てくれたのである。最近の僕は夜起きて昼間寝ることが多い。長めの休暇中ではよくやってしまう。ヴィータちゃんは赤い髪の少女で、いつも髪を二本に編み束ねている。あと、ちょっぴり口が悪い。でもとても綺麗な少女だ。そんな彼女が起こし...

続きを読む

なのは物語715『鳳梨編-貫くもの』

前回のあらすじヴィータを消せという言葉を憤りをもって断ったケフカ。そんな彼の前でガジェットの体を引き裂き現れたのは、時を操る魔女、アルティミシアだった!「アルティミ……シア」「…………」アルティミシアは二回ほど確かめるように手を目の前で握ると、やがて私に目を向けなおした。「やはり醜い」「……なんですって?」「醜い、と言ったのです」僕の質問に彼女は繰り返して答える。「今までも映像を通してあなたを見ていました...

続きを読む

僕のヴィータちゃん28

「今日は節分です」と、こたつに今日も篭っているヴィータちゃんに僕は言った。彼女はチラリと僕の顔を見たが、首を振る。「あたしはやんねーぞ」「!?」ヴィータちゃんは赤い髪の少女で、いつも髪を二本に編み束ねている。あと、ちょっぴり口が悪い。でもとても綺麗な少女だ。そんな彼女も四季折々のイベントは大好きで、よく二人して祝っているというのに、今日はどういう風の吹き回しなんだろうか。同様しつつも彼女に聞いてみ...

続きを読む

プロフィール

月魔サースィ

Author:月魔サースィ
毎日アテレコ動画や歌動画をyoutubeにて更新しています。
主に即興で思いついたストーリーを話していますので、
少しでもお時間ある方、興味を持たれた方は聞いて頂けたら嬉しいです。

ちなみに「リリカルなのはシリーズ」、特にヴィータちゃん、
「アイドルマスターシンデレラガールズ」、特に奏さんに夢中になっています。

月別アーカイブ

月面訪問者