FC2ブログ

記事一覧

月夜になのは物語598『お互い様』


※この物語はなのはシリーズの二次創作小説です
苦手な方はお戻りください

・この物語は夫婦である大魔導士ケフカ鉄鎚の騎士ヴィータ
そしてなのはシリーズの方々が日常を送るお話を書いたものです。
時々このブログ神の英雄セフィロス、友人の海馬、幻想郷の住人、ブログの方々も出てきます。
尚、画像固定では無い方ではヴィータちゃん以外のなのはシリーズの方々が主です。
 


第598
『お互い様』
 

まだ機動六課解散前のお話。

「そ~~~っと、そ~~~~っと……」

「……何やってんだか」

「あっ、あ~~~~~~~~~!!!!ティアナが話しかけるから、
せっかくのアイスが一つ落っこちちゃったよ~~~!!!!」

なのはの教え子、スバルとティアナは二人で休みを共有して出かけていた。
管理局での練習は厳しいがたまの休日はこのように比較的自由に行動出来る。
緊急で何か用事が出来なければ、だが。

アイス片手、スバルは恨めしげにティアナを見つめた。

「だって~たまのお休みなんだから、ちょっと挑戦してみたかったんだよ」

「意味分かんないし。大体アイス10段なんて無理し過ぎなのよ。
普通に最初からバランス取れてなかったじゃない」

「そうだけど、そうだけど~~~~…」

「お店の人もびっくりして『やめときなさい、崩れるよ』って言ってたし」

「出来ると思ったんだけど……はぁーあ。勿体無いな」

物欲しげに地面に落ちたアイスを目で追うスバル。
それを見て、ティアナは呆れたように言う。

「まさか拾って食べるつもりじゃないでしょうね」

「た、食べないよ!どんな目でティアナはあたしを見てるの!」

「だったらもう諦めなさい。ほら」

「え?」

ティアナは軽く自分の持つアイスを差し出す。

「あたしの分後で一個上げるわよ。別に二つも入らないし」

「でも、いつも二つ位ならぺろりと……」

「あんたじゃないんだからそんな簡単にたいらげてないわよ!
ただ、別にそこまでお腹すいてるわけじゃないから……」

「あ、ありがとう」

「…………その位良いわ」

話をしつつティアナの顔がどんどんとそっぽを向いて行く。
そんな彼女をスバルはジッと見つめていた。

「……何ニヤニヤしてんのよ」

「いや、別に?ただ嬉しいなってね。こんな風にティアナと仲良く出来るときは、いつだって」

「こんなことが嬉しいなら毎日いつだって喜ぶことになるわよ」

「本当のことだよ~。ん~でもそういうなら、毎日ずっと嬉しいのかもしれない。
こういう時とか、『ああ、あたし幸せだな』っていつも思うもん」

「……そう。まぁ良いんじゃない」

ややそっけなかったティアナはゆっくりと、スバルへ向き直って言う。

「あたしもアンタと過ごすこんな時間は結構好きなのよ。別に大したことやってるわけじゃないけど、
それでも自然と笑顔になれる。だからあたしも幸せなのかも、って思うことあるわ」

「なっ、ティアナ……」

「な、何よ」

まじまじと彼女を見て、スバルは言った。

「ティアナの口からそんな言葉が出るなんて……大丈夫!?」

「何よそれ!アンタが言わせたんじゃない!!」

「ええ~~そうかなぁ」

「あーもういいわ。アイスあげようと思ったのやっぱりやめる」

「えーーーそんなぁ~~~」

ヒョイとティアナは自分の持つアイスを口に含み、食べた。

「ああああ~~~~~~~。やっぱりあたし、今不幸せかも……」

「ふん……うっ」

ティアナも頭を抑えて言う。

「頭にアイスがキーン!って……。うう……あたしも今不幸せかも」

二人はお互いに不幸せと言った自分の相棒へ目を向けると、
小さく微笑みを浮かべた。そのまま小さな笑い声をあげる。

「お互い様、だね」

「文句はいいっこなし。これでまた幸せね」

ひとしきり落ち着いた後、二人はまた幸せの続きを感じながら、
町の中を歩いて行った。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
というお話でした^^
今回は昔話、という程でもないですがスバルさんとティアナさんのお話でしたね♪
管理局時代も今も変わらずお互いは笑顔で頑張っている。
これからも是非笑顔でいられることを望んでしまうお二人ですよね。
今など事件等がある時は大変そうですが、頑張って欲しいと思います。

さて、

絵が遅れているので今日も教導編EDは書けませんでした;

とりあえず今回もまた周っていきますねb

ではでは
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィータちゃんは私の嫁~~~~~~永遠に愛してるよ~~~~~~~~~~~~~~~
って、痛たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた!!!!!!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト



コメント

No title

機動六課時代では、お馴染みのコンビですな♪

と言っても、スバルのアイス好きは…

No title

10段アイスwww
すごく高くなったら、一体どうやって食べるのか気になりますね・・・^^;

そして2人はいいコンビですね~!
こんなに仲が良いともはやカップルというか///(オイw

コメントの投稿

非公開コメント

月面訪問者

プロフィール

月魔サースィ

Author:月魔サースィ
毎日アテレコ動画や歌動画をyoutubeにて更新しています。
主に即興で思いついたストーリーを話していますので、
少しでもお時間ある方、興味を持たれた方は聞いて頂けたら嬉しいです。

ちなみに「リリカルなのはシリーズ」、特にヴィータちゃん、
「アイドルマスターシンデレラガールズ」、特に奏さんに夢中になっています。

月別アーカイブ